交通安全について

■2012年5月20日(日曜日)

明日は金環日食。ご注意ください。

学校からのお知らせや報道等でもご存知のように,明日の金環日食(部分日食)の観測に際しては,注意が必要です。

日食が起こり,太陽の光が暗くなりますが,直接見たり,遮光効果の不十分な観測器具で観測すると,「日食網膜症」という一種のやけどを起こしてしまいます。
このけがには有効な治療方法がなく,後遺症が残る恐れがあります。

まぶしさは安全の尺度にはなりません。

絶対に,直接太陽を見ないでください。

専用の観測グラスなどの観測機器を使い,推奨される観測時間よりも短めに観測するようにしましょう。

また,登校時,わき見運転をする自動車による交通事故も心配されています。
十分注意して,登校してください。

尚,学校では7時半前後に,中庭や校庭で,学級に配られた観測グラスを使って観測をする予定です。

下記の資料もご一読ください。

2012年5月21日 日食を安全に観察しよう