行事

■2015年5月21日(木曜日)

鑑賞教室!

今日は鑑賞教室がありました。
今回は(公社)落語芸術協会より紙工落語の会が本校においでになりました。
紙工落語(しこうらくご)とは、紙切りというのと落語を合体させたものだそうです。
ほとんどの人が落語を始めて見たということでしたが、会場は笑いに包まれていました。

パソコン部3年

 

■2013年8月30日(金曜日)

資源回収前日…

いよいよ明日,資源回収日となります。

今日は,各地区で回収いただくビール瓶と一升瓶の空ケース約1400ケースを,地区の役員の皆様方が学校に取に来てくださいました。

生徒会本部役員の子どもたちも,授業終了後,完全下校時刻ギリギリまで,雨に打たれながら一生懸命手伝っていました。

地域の皆様,明日はご協力,よろしくお願いします。

 

■2013年8月21日(水曜日)

86日間の挑戦 始まる!

86日間の挑戦が始まりました。 

3年生は最後の蒼龍祭に向けて,
2年生は秋の新人戦に向けて,
1年生はそんな先輩の背中を見つめながら,本物の中学生を目指しての挑戦です。

もちろん3年生は進路,2年生1年生もより深い学習に取り組みながらの挑戦です。
決して平坦な学期ではありません。
しかし,幾多の困難を乗り越えた者にしか味わえない達成感が,86日後に待っています。

3年生がこんな発表をしてくれました。
「とにかく頑張ります。それは悔いを残さないためです。」

この強い思いのこもった言葉で,全校のみんなが奮い立たされました。

校長先生は2学期の始めにあたり,友だち間のトラブルについて考えて欲しいと,以下のように話されました。 

「中学生の君達は人間関係を修復する力を持っています。やり直す力を持っています。「おはよう」「ごめんね」といった一歩を踏み出す勇気が,行動が,みんなを変えるのです。」

そして,宮澤章二さんの「行為と意味」いう詩を紹介され,

「心は見えないが『心遣い』は見える。思いは見えないが『思いやり』は見える。それは行為だから。人が人として生きるうえで,温かな行為,優しい行為が大切です。」

とお話になられました。

ある生徒の日記にこんなことが書かれていました。 

「家にいるより,学校で友達と話したり部活をする方がずっと楽しい。」
「久しぶりに友だちにあえて,とっても嬉しかったです。」

とてもうれしい日記でした。

 

637名のそれぞれの2学期が始まりました。
みんがな笑顔で,充実した毎日を過ごせることを願っています。

 

■2013年5月18日(土曜日)

ミュージカル 『ファイブ』

今年の芸術鑑賞教室は,ミュージカル「ファイブ」でした。

「最初から最後まで,歌ったり踊ったり,そのエネルギーに感動しました。」
「お笑いあり,感動ありの内容で,最後までずっと見入ってしまいました。」

という感想が多かったです。

自然とわき起こる手拍子や笑い。
会場がとても温かな空気に包まれていました。

普段なかなかミュージカルと言うものに触れる機会のない子どもたちにとって,とても刺激的な2時間でした。

 

■2013年5月15日(水曜日)

校長先生による読み聞かせ

校長先生による読み聞かせがありました。

スクリーンいっぱいの大きな挿絵つきです。
しかも,校長先生の手描きの,思いのいっぱい詰まった素敵な絵でした。

斉藤隆介作「八郎」

というお話でした。

校長先生は,このお話を読んだ後に,

「力のある者は,無い者のために使って初めて役に立つ。勉強も力もです。みなさんも八郎のように,人のために,社会のためにつくせる人になって欲しい。」

と,思いを伝えになられました。

 

■2013年4月8日(月曜日)

生活・学習・生徒会ガイダンス

3・4時間目を使って,生活ガイダンスと学習ガイダンスと生徒会ガイダンスがありました。

生活ガイダンスでは,生徒指導の先生からみんなが気持ちよく生活するためのルールについてお話がありました。

 

学習ガイダンスでは,学習係りの先生から,日常の学習について,方法や学習に臨む姿勢,考え方などのお話がありました。

 

生徒会ガイダンスでは,生徒会の企画で,生活のルールや掃除の仕方など,実演を交えて説明がありました。

 

給食の身支度についての説明です。

ただ,言葉で説明するだけではなく,見ている生徒に考える場面を作りながら発表してくれました。

 

掃除の仕方の説明の場面です。

 

ひざ付き三回がけの雑巾がけの方法についての説明です。

 

説明の後は,全校で実際に体育館の床を雑巾がけしてみました。
2・3年生の清美委員がまわりながら教えてくれていました。

ガイダンスが終わると,南宮中学校の生活も学習も,いよいよ本格的に始まります。

 

 

■2013年4月4日(木曜日)

始業式

入学式後に行われた始業式では,校長先生より,

「目標をすえ,書き表して欲しい。」
「南宮中学校の生活目標,学校教育目標に誇りを持って欲しい。」
「自分を成長させていって欲しい。」

という,お話をいただきました。

今日から76日間の一学期が始まりました。
636名の一人ひとりの活躍が楽しみです。

 

■2013年4月4日(木曜日)

新入生のみなさん,ようこそ南宮へ!

今日,212名の子どもたちが南宮中学校に入学しました。

まずは,吹奏楽部の演奏に合わせての入場です。
みな一様に緊張した様子。
400人のお兄さんお姉さんが見守る中の入場ですから,仕方ありませんね(^_^;)

画像をクリックすると,
入場の様子が動画でご覧いただけます
校長先生のお話では,小学校と中学校の様子の違いに触れながら,「自分から進んで取り組み,やり遂げたという達成感を味わってほしい」と,お話になられました。

また,次のようなお話もされました。
「震災から2年たった今,地域のために前向きに努力している人々の姿に,今なお心打たれる。同時に恵まれている我々も,たくさんの人のおかげで支えられていることも忘れないでほしい」
校長先生のお話に,真剣に耳を傾けている新入生の姿が印象的でした。
新入生宣誓の様子です。

600名の生徒の前で,堂々と宣誓することができました。
対面式の様子です。

まずは,生徒会長からのあいさつです。
さすが3年生。
在校生も身の引き締まる話でした。
新入生のあいさつも負けてはいません。

これからの南宮中学校が楽しみになる式でした。

 

 

3 / 3123