図書館から

■2013年5月17日(金曜日)

読み聞かせ

読書旬間の取り組みの一つとして,読書支援員をやっておられる島田幸子先生による本の読み聞かせがありました。

子どもたちの日記には,「とても聞きやすかった」「ハッピーエンドになってよかった」と,多くの感想が書かれていました。

それだけ,島田先生の読み聞かせが,子どもたちの心に染み入ったのだと思いました。

 

■2013年5月15日(水曜日)

校長先生による読み聞かせ

校長先生による読み聞かせがありました。

スクリーンいっぱいの大きな挿絵つきです。
しかも,校長先生の手描きの,思いのいっぱい詰まった素敵な絵でした。

斉藤隆介作「八郎」

というお話でした。

校長先生は,このお話を読んだ後に,

「力のある者は,無い者のために使って初めて役に立つ。勉強も力もです。みなさんも八郎のように,人のために,社会のためにつくせる人になって欲しい。」

と,思いを伝えになられました。

 

■2013年5月14日(火曜日)

前期読書旬間

昨日から,前期読書旬間が始まりました。

今日は,校内放送を使った読み聞かせでした。

中学では準備の時間がなかなか取れないのに,図書委員は放課後のわずかな時間を使って,ビデオ撮りしてくれていました。

みな,真剣に見入っていました。

 

■2012年5月23日(水曜日)

読書旬間

今,南宮中学校は読書旬間中です。

旬間中は図書委員による読み聞かせや,先生方のおすすめの本の紹介などの企画がありました。
先生方のおすすめの本の紹介です。

50人近い先生方による紹介ですので,ジャンルも豊富で,興味をそそられる本がいっぱいです。
先生方からのメッセージも付いています。
その中で,図書館にある本を司書の先生が展示してくださいました。

生徒のみなさん,ぜひ,読んでみてくださいね!